So-net無料ブログ作成

敗退国のユーロ後を考えようイタリア編 [サッカー]







多分これでEURO関連の記事は最後
トリを飾るのは愛してやまないイタリア代表について語ろうぞ



ベスト8は万々歳




糞みたいな下馬評をひっくり返した今回のイタリア代表。
ベルギー戦の前に
「今回のイタリア代表は歴代最弱」
「イタリアGL敗退じゃね」
「ふふ奴は四天王の中でも最弱」
「我々は数年前からジャカのプレーに注目していたキリッ」

などと言っていた人が見事に手のひらを返した初戦の勝利。
スウェーデン戦のイタリアらしい勝利
スペインに内容の伴ったリベンジを果たしドイツと事実上の決勝戦を
繰り広げた。

内容は素晴らしかったし完成度はドイツ、ポルトガル、スペイン、ウェールズと
比べても遜色ないサッカーをしていた。


しかしながら、ジャッケリーニやパローロを酷使しまくるタイプのサッカーだったし
準決勝まで進んだチームと比べると個人のレベルは劣る。
日程的にも体力的にもベスト8が限界だったと思う。
逆にいえばコンテが限界まで最弱のアズーリの潜在能力を引き出して
ベスト8までたどり着けたといえる。


フランスには勝てそうだけど、ポルトガルにはきっと根負けしただろうしね。


まとめるとベスト8は極めて妥当だし、PK戦まで希望を持たせてくれたボアテング
に感謝ってとこだね。




コンテ式に誤魔化された潜在的な問題



タレントがいなくてもしっかりした規則を植え付ければ強豪国にも勝てるし
ペッレくらいの選手でも点取らせることができるんやということを証明して
しまった今回のイタリア。

しかしながら、バルザッリの代表引退によるBBC解体。前線の小粒感。
若手があまり育っていないなどワールドカップ予選に向けて問題はたくさんある。

でも、そこまでこの問題について言及してる記事は見たことがない。
監督変わってもコンテみたいにやれば大丈夫じゃねって楽観視してるのかはわからないけど
結構危機的な状況にあることは理解してほしい。



2018年もブッフォンが健在な保障はない。連帯保証人が担保責任果たしてくれるわけではない。
CBの4番手がイングランドの筋肉に頼った雑な守備に染まってしまったオボグンナ
だという驚愕の事実(コンテが指導したことがあるから選ばれたんだろうけどアストーリの
方がよかったよ)もある。


次の監督がどういうサッカーをするかはわからないけどいずれにしても
スペイン、ドイツ、フランス、ポルトガルより厳しい道が待ってるだろう。
イタリアサポーターはプレーオフまでW杯予選がもつれることを
覚悟しよう。






解決したい課題



とにかく思いつく問題点を列挙すると。

・マルキージオはともかくヴェラッティにデットオアランをさせるのはもったいない


・エルシャーラウィーの起用法方法。エデルの位置じゃダメなのか。


・バルザーリの後任。本命ルガー二、対抗ロマニョーリ、大穴カルディローラ


他にもジョルジーニョどうする問題

デシリオミランじゃ別人問題

ストゥラーロ大雑把問題。

キエッリーニ頭頂ドローン問題


などなど気になる問題はたくさんある。
FWは来シーズン都合よくラパドゥーラがブレイクすればいいのだが、今のミランには
何も期待しない方がみのためだ。

ただ毎年問題山積みなのに何やかんや勝ってしまうのがイタリアでもある
願わくはこの神通力がいつまでも続くlことを祈る。



終わり





nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。