So-net無料ブログ作成
検索選択

蒼穹のファフナーEXODUS23話感想 [蒼穹のファフナーEXODUS]

蒼穹のファフナーEXODUS23話の感想です

てか後三話でほんとに終わるのでしょうか
劇場版来るならうれしいですが
それまで一騎寝たきりとかだったらやだな


開幕バード
一羽くらいほしいですね
ちょっと偵察行ってきてーってね

そして、フェストゥムの多い料理
甲洋と操が中悪いのは仕方なですね。劇場版でガチバトルしてたし

操よ 犬が苦手なのはよくわかるぞ
俺も小さいころ襲われて以来苦手だからな

暉がようやく帰宅
島の外で一皮も二皮も剥けましたね。ゼロファフナーで活躍してほしいですが
人間関係完成してしまうと衛のように退場してしまいますんで控えめにしとけよ暉









交渉のため総士と溝口さんが空母グラーフツェッペリンへ(俺命名)

溝口さんの貴重な制服シーンが見られるのはファフナーEXODUSだけ!!


へスターの掘り下げがやはり来ましたね。真矢に同じようなこと言われた
意味はこの先回収されるのでしょう

真矢が格の違いを見せつけてダスティンを撃破
ヘイトためてた方はすっきりしたんではないでしょうか
俺はダスティンなりの正義もあったんだろうと思うし
真矢もできれば殺したくなかったでしょうし複雑な心境です



そしてテクニカル珪素散髪おじさんは今回もあらゆる面で大暴れ

除霊からの虚無の申し子合戦

しかもレゾンとジョナミツにいいとこ取られるという

マークニヒトともどもベジータ化が深刻になってきました

おじさんに祝福あれ

以上











nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。