So-net無料ブログ作成
検索選択

蒼穹のファフナーEXODUS21話感想 [蒼穹のファフナーEXODUS]

いよいよ佳境に入ってきました蒼穹のファフナーEXODUS
今回はその21話の感想を書いていきます
ついてきてくださいね


まずはテクニカル珪素散髪おじさんこと総士の気遣いシーン
暉に見つかって慌てる総士おじさんかわいい
カッコつけてるところ見られて恥ずかしそうだね
後半始まってからルガーランスと総士のみが癒しポイントですからね

翔子と一騎って一日違いだったんですね
まだファフナーファンとしての知見が浅いかもしれないですね







そして胃が痛くなる後半パート
ウォルターさんが早々にフラグを回収してしまいました

でも脇役なののBGMマークザインを流しだすのは異例の快挙です
島を見てほしかったですね
ただ暉にあんなこと言われて救われたんじゃないかな
自分が壊そうとした島の住人に島見てくれなんてそんな言われないからね


一騎の右腕が砕け散ってしまってこの後どうするんだろう
ナレインの言う永遠の戦士にならざるを得ない時が来てしまうのでしょうか


そして独立して子会社作った来栖が登場
というところで幕引き


次が気になりすぎるぜ














 







nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。